1.歯のクリーニング

当院では特に悪い所を感じていない場合でも、定期的にお口のチェックを行うことをお勧めしています。

歯のクリーニングでは、歯石を取ります。

歯石とは、プラーク(歯垢)に唾液中のカルシウムが沈着して硬くなったもので、歯ブラシでは取れません。プラークや歯石は、虫歯や歯周病、口臭の原因となります。歯周病は、“ サイレントディジーズ ”といわれ、気付かないうちに進行してしまいます。歯を喪失する原因は、虫歯より歯周病の方が多くなりました。

どうやって歯石を取るのか?

歯にこびりついた歯石は、先端から超音波振動を発することで歯石を剥がして除く、超音波スケーラーと、手の感覚により、より細かい所の歯石も取り除く手用スケーラーを使い分けて取り除きます。その後、状況に応じて表面がやや粗くなった部分に対して研磨をおこなうことで、清掃の行いやすさと歯石の沈着しにくさを狙います。

歯のお手入れで気をつける点

歯周病予防のために重要なポイントは、歯磨きの時に、歯と歯ぐきの境い目、歯と歯の間のプラークを取り除くことです。歯のクリーニングを行った後に、継続的に正しいお口のケアを行うことで、再び歯石が沈着することを防ぎ、ひいては歯周病の予防につながります。

歯のクリーニングのすすめ

定期的に、歯のクリーニングと健診を受けることをお勧めします。普段の歯磨きで、うまく磨けているかをチェックします。その上で、プロフェッショナルケアとして、歯の表面についたプラークや歯石を、専用の超音波を使った機械で除去します。

初めて来院される方は、初回来院時に、お口の中の検査、レントゲン検査、お口の状況の説明、プラークコントロールの方法の説明をさせて頂き、次回より2~3回に分けてクリーニングを致します。1回の診療時間は、20~30分です。

定期的にいらっしゃる方は、2~3回に分けて、クリーニングを行っていきます。

 

 

コメントを残す