2.むし歯の治療・歯のかぶせ物の治療

ここでは、歯の治療で使用する材料について説明いたします。

むし歯は、歯が溶かされていて一部がなくなっている状態です。この部分を何らかの方法で形を補い、なるべくむし歯が再発しない材料や形態を使用したいものです。

近年では、見た目を改善する「審美性」に重点が向かっていて、新しい材料も登場していますが、できるだけバランスよく適材適所に材料を使用したいものです。

材料を使用する治療の場合、コンポジットレジン修復などの一部の治療を除いては、原則的に型取り(印象)が必要となってきます。ケースによっては複雑な治療となることもありますので、治療回数などのご不明な点はお気軽にご質問ください。

 

1)コンポジットレジン修復 保険 自費

むし歯の部分を削り、セラミックスとの複合プラスチック(コンポジットレジン)で削った部分をその場で形態修復します。むし歯が小さい場合に向いており、歯の色に似せた材料を使用するため、見た目にも自然です。

2)インレー修復

奥歯の歯の溝や、歯と歯の隣り合った面のむし歯に対して行う治療法です。詰め物を丈夫にするため、歯をやや多く削ります。

 ①メタルインレー修復 保険 自費

 inlay_kadou ⇒ min_s

inlay_kadou ⇒ min_g

 形作った溝に、入る詰め物を予め金属で製作し、それを詰める治療法です。金属は見た目が歯の色からはかけ離れていますが、伸びたり、変形にも耐えるといった、かみ合わせの面には有利な物性を持っているため、有効な治療法です。

金属の種類によって、保険治療と自費治療があります。

 ②コンポジットレジン(ハイブリッドセラミックス)インレー修復 自費

inlay_kadou ⇒ w_in

 上記の金属の代わりに、複合プラスチックをさらに強力にしたハイブリッドセラミックスによる治療法です。歯に似せた色で詰められるため、見た目に自然です。ですが、材料の特性として割れやすい欠点があります。

3)クラウン ・ ブリッジ

歯をすっぽり、冠(クラウン)状のものをかぶせる治療法です。むし歯の部分が大きかったり、根っこの治療を行った場合など、元の歯の部分が大きくなくなった場合に用いられます。

ブリッジも同様の材料を使用するため、併せてご紹介いたします。ブリッジの場合、基本的に歯を失ったところを補う目的であるため、歯がないところの両隣の歯が健全であっても、クラウンの治療と同様の大きさに歯を削ります。

 ①フルメタルクラウン 保険 自費

sidai ⇒ fmc_s

 金属でできたかぶせものをかぶせる治療法です。金属は強く噛む力にも耐えることができ、力に順応する能力に優れた材料であるため、奥歯の治療にとても有効です。反面、見た目は元の歯と大きく違うため、前歯など良く見えるところの治療には向きません。使う金属の種類によって保険治療と自費治療があります。使用する金属によって、期待する金属の性質も少しずつ違います。

 ②硬質レジン前装冠 保険 自費

anterior_br表側  anterior_m_ura裏側

 金属のかぶせものの表面にプラスチックの材料をのせ、表側からの見た目を改善したものです。

前歯は保険治療でできますが、奥歯は自費治療になります。金属からプラスチックがややはがれやすく、年数とともに変色も少しずつ進行してしまいますが、プラスチックの部分の補修対応を行いやすいメリットもあります。

 ③陶材焼付鋳造冠(メタルボンド) 自費

金属のかぶせものの表面にセラミックスの焼き物を焼き付け、見た目を改善したものです。高価な上に割れやすい欠点がありますが、金属とセラミックスのお互いの良い所を組み合わせた、見た目と機能の面からもバランスのとれたかぶせものです。

 ④オールセラミックスクラウン 自費

sidai ⇒ fsc_w

anterior_br表側  anterior_s_ura裏側

 金属を一切使わず、かぶせものすべてをセラミックスで製作するものです。見た目にとても優れますが、割れやすいというセラミックスの欠点は増加します。近年、ジルコニアという高強度セラミックスが使われ始めたことで、前は難しかったブリッジなどにも適応範囲が広くなりました。ジルコニアは非常に硬い材料ですので、使用する場所には注意が必要です。

セラミックスのお互いの良い所を組み合わせた、見た目と機能の面からもバランスのとれたかぶせものです。

 ⑤CAD/CAMクラウン 保険

sidai ⇒ fsc_w

 保険に加わった新しい方法です。CAD/CAMを使用したクラウンの製作法は以前からあり、オールセラミックスクラウン・ジルコニアクラウンなども使用している技術です。複合プラスチック(コンポジットレジン)のブロックからクラウンを削りだして作りますので、金属を使用しません。ただし、材質はプラスチックですから、使用できるケースは基本的に小臼歯に限られます。

5)コア(土台)

むし歯が進んでいた場合に歯の根の治療を行った際、歯の真ん中に大きな空洞が残り、そのままではかぶせものを行うことが困難のことが良くあります。この場合、最初に歯の土台の形を材料で補い、整えることを行います。

かぶせものを保険診療で作る場合は保険扱い、自費診療で作る場合には自費診療扱いになります。

 ①メタルコア修復 保険 自費

土台を金属で製作する方法です。お口の外で製作しますので、ある程度形を仕上げることができ、適応範囲も広いです。

 ②グラスファイバーポストレジンコア 保険 自費

土台の芯棒にグラスファイバーを用いて曲げる力に抵抗させ、複合プラスチック(コンポジットレジン)で土台を形作る方法です。お口の中で直接作る方法と、お口の外で作る方法があります。比較的元の歯が残っている場合が適応になります。

6)ラミネートベニア 自費

主に前歯の表面などが凸凹で在ったり、色がそろわずにきれいでない場合などに、表面を薄く一層削り、白い板状のものを貼り付ける方法です。審美性を改善するための治療法です。

コメントを残す