3.入れ歯

ここでは、入れ歯の形態の大まかな紹介をしていきたいと思います。

1)部分入れ歯

 ①レジン床義歯 保険

 ue_pd_zanzonsi+ ue_pd_h1 ⇒ ue_pd_h2

歯がない所に人工の歯を並べ、人工の歯を歯ぐきの土手上で支える床の部分をレジン(プラスチック)で作ったものです。入れ歯を動かないように支えるバネは金属でできています。欠点としては、保険の入れ歯では使えるバネが限られていること、プラスチックの部分は、強度を出すためにどうしても厚くなってしまうこと、力が加わると変形して動きやすいことが挙げられます。

②金属床義歯 自費

ue_pd_zanzonsi +  ue_pd_s1 ⇒ue_pd_s2

上記の歯ぐきの土手で支える床の部分と、バネの部分を一体型の金属で製作する方法です。金属は硬く変形しにくいタイプのものを使用することが多いため、薄く作れる上に変形しにくく装着感に優れます。また、保険の入れ歯に比べ、バネを見えにくく工夫したものなど、様々なバネの組み合わせを選択することができます。しばらくは入れ歯を修理する心配がないようなお口の治療終盤の場合などでは、装着感に優れ永く使えるためにお薦めです。金属の床の部分は調整が難しく、また製作も手間がかかり難しいため、自費診療となります。

2)総入れ歯

 ①レジン床義歯 保険

fd2

歯がなくなった上あごや下あごに対して、人工の歯の列を並べ、それを支える歯ぐきの土手の間に、土手と密着するように人工の歯を保持する床をレジン(プラスチック)で作ったものです。入れ歯の強度を保つために、ある程度の厚みが必要になってきます。割れたりすることもある上、健康的に正しく使うためには定期的な診査が大事です。

 

 ②金属床義歯 自費

fd1

上記の土手と密着する床の部分を金属で、床の金属と人工の歯をつなげる部分をプラスチックで作製したものです。硬い金属で作るため、変形の少ない薄い入れ歯を作ることができます。上あごの場合、上あごの裏側を金属が覆うため、食物の熱も感じることが出来ます。

 

3)その他の入れ歯

 ①オーバーレイデンチャー

 残っている歯の根っこにふたをして、その上に入れ歯をのせるような入れ歯です。入れ歯が沈むことを防ぎ、また横揺れの起こしにくさを狙っています。

 ②マグネットアタッチメントデンチャー

残っている歯の根の上にマグネットの装置を取り付け、磁石の力で入れ歯を安定させます。入れ歯がどうしても外れてしまいやすい場合に、磁石の力によってある程度外れにくいように吸着してくれるため、状況によって安定を得るための一つの方法として検討の価値があります。

 

 その他、様々な入れ歯があります。状況に応じて最適な入れ歯をご提案いたしますのでお気軽にご相談下さい!

コメントを残す