義歯用ハブラシ(入れ歯用ブラシ,サンスター)

%e7%be%a9%e6%ad%af%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b7s %e7%be%a9%e6%ad%af%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b72s

入れ歯のお手入れに特化したブラシです。

ブラシ部は、通常の歯ブラシに比べてかなり大きく、また毛が硬いので、これでお口の中の歯を磨こうとはあまり考えません。持ち手は大きく太くなっていて、しっかり握ることができる形態です。

二種類の毛先を使い分けて、入れ歯についた食べかすを、水を張った洗面台の上などで流水下で磨き落とします。

入れ歯はお口の中の細菌とはまた違う汚れが取りつくため、お口の中で使用している歯ブラシとは別のブラシで手入れをすることが原則になります。

お口の中で使用している歯ブラシと別のものを用意するのであれば、入れ歯のお手入れは通常の歯ブラシでも構いません。特に、小さい入れ歯の場合は、むしろ普通の歯ブラシのほうがお手入れをしやすいかもしれません。ただし、くれぐれも歯磨き粉は使用しないようにしてください。

入れ歯が大きくなってくると、普通の歯ブラシでは清掃が大変になってきますので、義歯用のブラシを使用するほうが楽でしょう。

義歯の清掃は、表側よりも裏側(つけると、見えなくなる面)の清掃、ばねの部分の清掃が重要です。義歯用ブラシは、そのあたりの清掃がしやすいようになっています。

義歯用歯ブラシは、実は形態も様々なものが販売されています(持ち手の形態の違いや、壁に吸盤で固定して使用するものまで)。基本的に手の動かし方が不自由になった方向けに、いかにご自身で自活して入れ歯の手入れをしていただくか、に力点がかかっています。

入れ歯は細菌やカビの温床となりやすいので、健康な生活のためにもしっかり手入れをしましょう!

コメントを残す