抜歯が必要なとき

誰しも歯を抜くのは嫌なものです。

しかし、歯を抜くことが、抜かないよりもメリットがある時は抜歯をお勧めすることになります。

抜歯したほうが良い時とはどのような時でしょうか。

①むし歯がひどく進行して歯ぐき下に歯の根だけが残っている状態

むし歯が進行してしまって、歯の頭(歯冠部)が崩壊してしまっても、根の内側の治療を行って、土台を立てることでかぶせ物をしたり、入れ歯の支えとすることが可能ですが、あまりに崩壊が進みすぎると土台を立てることができなくなり、こうなると汚れのたまり場になってしまい、お口の清潔のためにも抜歯した方が良いことが多いです。

②根の状態が悪く、治療で改善しない

歯の頭の方のむし歯があまり進んでいなくても、歯の根の内側のむし歯が進んでしまい、根の治療で改善しない時があります。この場合、手術で骨に穴をあけて根の先を切り取ってしまう治療法もありますが、抜歯した方が良い場合があります。

③重い歯周病である

むし歯には全くなっていないきれいな歯でも、歯周病が進行してしまうと根を支えている骨が失われ、ちょっとした力で大きく揺れたり、普段から傷や病巣を口の中に抱えているような、常に体に負担の大きい状態が持続してしまいます。歯周病で歯を支える骨を失った場合、一部分だけの骨がなくなったケースを除くと、失った骨を戻すことは残念ながらできないのです。噛む力に抵抗できない程度まで骨の支えがなくなった時は、抜歯した方が良いことも多いのです。

④歯が割れてしまった

根の治療を受けていて、歯の根の厚みが減っていた場合、噛む力が強かった場合などが原因で歯の根が割れたり折れてしまうことがあります。こうなると歯の根の周りには汚れが入り放題になるため、抜歯が必要となります。

⑤仕事をしていない親知らず

歯ぐきに埋まっている親知らずなどで、周囲がはれてしまった時、むし歯になってしまって治療が難しいときは、抜歯が適応となります。親知らずは、必ず抜かなければいけないわけではありません。

抜歯をする前に・・・

歯は抜いてしまうと、もう元には戻せません。原則としては、歯を抜いたところをどのように治療していくか、先生と相談して方針を決めたうえで抜歯をすることが大事です。

歯がなくなった後の対処法

歯をなくしたとき、そのまま何もしないでいると周囲の歯がどんどん悪くなっていく、という話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

周囲の歯並びが悪くなったり、単純に周りの歯の負担は歯がなくなった分増えるので一本の歯ごとの負担は重くなります。そうしてどんどん歯をドミノ倒しのように失わないためには、歯をなくしたところを補う治療が必要となります。なくした歯を補う治療(「補綴治療」)には、従来からの方法、新しい方法、といくつか選択肢があります。

歯をなくしたとき、インプラント治療という方法があることは聞いたことがあると思います。インプラント治療には大きな期待と、失敗などの大きな不安が混じっていると思います。

インプラントに向いている、向いていないと言われた、という話を時々耳にします。インプラント治療には長所とともに短所もあり、 リスク、見た目や将来の状況までを考えると、ケースによっては必ずしもインプラント治療が最善の治療とは限らないのです。

歯を失った時、どんな治療法が考えられるのでしょうか。歯をなくしたとき、考えられるそれぞれの治療法の特徴について説明させていただこうと思います。

 

歯の列の途中の一本の歯がなくなったときを例として説明していきます。

natural_teeth_bridge_case_1

なくなった歯を補う方法には、①ブリッジ ②一本の入れ歯 ③インプラント と3つの方法があります。また、④放置 することも方針としてお勧めできる場合もあります。

①ブリッジ

natural_teeth_bridge_case_1 ⇒ natural_teeth_bridge_case_2 ⇒ natural_teeth_bridge_case_3

両隣の歯を土台として橋渡しをするようなかぶせ物を作ってなくなった歯の部分を補います。利点として、噛んだりした時も自分の歯で噛むので違和感が少なく、シビアなケースを除けば見た目も問題になりにくいです。欠点としては、両隣の歯を大きく削り込む必要があるため、両隣の歯が治療もしたことがない健全な歯の場合には、何でもない歯をたくさん削ってしまうことになります。また、3本分の力を2本の歯で支えるので、同じ力がかかった場合には、単純に考えると一本の自分の歯の負担は1.5倍に増えることになります。両隣の歯の負担が増え、それが原因で隣の歯もダメになる危険があります。

②一本の入れ歯

保険で作る場合と保険外で作る場合があります。保険の場合、侵襲も少なく、比較的すぐに完成して使っていただくことができます。また、嫌になったらすぐに取り外せ、外した状態で清掃ができる点が入れ歯の最大の特徴です。欠点は両隣の歯に引っかけるバネが非常に目立ってしまうことです。保険外では、金属のバネの部分を樹脂の材料にかえて、見た目は改善できるものもあります。ただし、どちらの場合でも噛む力としてはブリッジに劣り、両隣の歯に負担をかけてしまう点は変わりません。また、取り外し式であるのが嫌な人には向きません。

③歯科インプラント(人工歯根)

natural_teeth_bridge_case_1 ⇒ single_tooth_tl_2 ⇒ single_tooth_tl_4

この場合は両隣の歯に手を付けずに(周りの歯を削ったりせずに)骨に直接強固に固定された土台が得られる点が大きな魅力ですが、治療期間と回数は他の2つの治療法と比べてかなりかかります。費用も3つの治療の中では一番かかります。また、歯ぐきを切って骨を削るといった、外科的な処置が必須になります。何より、骨の中に人工の歯の土台を埋め込むので、極端に骨が吸収されて少ないような部位などでは、危険の高い選択となってしまいます。それでも、しっかりしたかみ合わせの土台を得るための大きな選択肢といえます。

④放置する(何もしない)場合とは、一番奥の歯(親知らずや第二大臼歯)をなくしたときには選択することも多いのですが、まれに中間の歯がなくなったときにも放置することがあります。通常、放置すると周囲の歯は隙間を埋めるように上下の歯が動いてかみ合わせに悪影響が出るため、放置してはいけないのですが、そのような影響が少ないと考えられるほど隙間が小さかったり、歯の列から大きく外れた歯を抜いたような場合には放置することも考えられるでしょう。

jawbone_1 ⇒ jawbone_2

基本的には上の図のように、ゆっくり時間をかけて歯の移動が通常起こるので、放置はお勧めできません。

1本歯がない場合には特に、いろいろな選択肢が考えられ、状況に応じた一番よい選択を行うのが良いでしょう。いずれにしても、歯がなくなった場合、残った歯に過剰な負担がかからないようにして、それ以上歯をなくすことがないよう管理できることが非常に大事になってきます。どの治療法を選んだとしても、残っている歯を保つ治療になることが大事です。

 

上でご説明したような各治療法の特徴は、なくなった歯の数や場所などによって選択のメリット・デメリットがかなり変わってきます。特にブリッジは選択できない、選択しないほうがいいケースも増えてきます。どのような治療法がご自身に向いているのか、お気軽にご相談いただければと思います。

最後に・・・、歯がなくなったとき、隣り合った歯の面など、清掃のときに気をつけなければいけない場所が増えます。これは意外と盲点で、なくなった歯の隣の歯を早くダメにする原因となります。ブリッジ治療を行った時には橋渡しの下の土台の付け根を歯間ブラシ等で清掃する、入れ歯の場合は入れ歯の接している歯の横の面も忘れずにブラシを当てるなどしてしっかりとお手入れしましょう。なくした歯を補う治療というのは、よく噛めるようになる治療であり、それは残った歯を守るための治療でもあるのです。お口の健康を維持できるよう、しっかり管理していきましょう!