抜歯が必要なとき

誰しも歯を抜くのは嫌なものです。

しかし、歯を抜くことが、抜かないよりもメリットがある時は抜歯をお勧めすることになります。

抜歯したほうが良い時とはどのような時でしょうか。

①むし歯がひどく進行して歯ぐき下に歯の根だけが残っている状態

むし歯が進行してしまって、歯の頭(歯冠部)が崩壊してしまっても、根の内側の治療を行って、土台を立てることでかぶせ物をしたり、入れ歯の支えとすることが可能ですが、あまりに崩壊が進みすぎると土台を立てることができなくなり、こうなると汚れのたまり場になってしまい、お口の清潔のためにも抜歯した方が良いことが多いです。

②根の状態が悪く、治療で改善しない

歯の頭の方のむし歯があまり進んでいなくても、歯の根の内側のむし歯が進んでしまい、根の治療で改善しない時があります。この場合、手術で骨に穴をあけて根の先を切り取ってしまう治療法もありますが、抜歯した方が良い場合があります。

③重い歯周病である

むし歯には全くなっていないきれいな歯でも、歯周病が進行してしまうと根を支えている骨が失われ、ちょっとした力で大きく揺れたり、普段から傷や病巣を口の中に抱えているような、常に体に負担の大きい状態が持続してしまいます。歯周病で歯を支える骨を失った場合、一部分だけの骨がなくなったケースを除くと、失った骨を戻すことは残念ながらできないのです。噛む力に抵抗できない程度まで骨の支えがなくなった時は、抜歯した方が良いことも多いのです。

④歯が割れてしまった

根の治療を受けていて、歯の根の厚みが減っていた場合、噛む力が強かった場合などが原因で歯の根が割れたり折れてしまうことがあります。こうなると歯の根の周りには汚れが入り放題になるため、抜歯が必要となります。

⑤仕事をしていない親知らず

歯ぐきに埋まっている親知らずなどで、周囲がはれてしまった時、むし歯になってしまって治療が難しいときは、抜歯が適応となります。親知らずは、必ず抜かなければいけないわけではありません。

抜歯をする前に・・・

歯は抜いてしまうと、もう元には戻せません。原則としては、歯を抜いたところをどのように治療していくか、先生と相談して方針を決めたうえで抜歯をすることが大事です。