診療内容のご紹介

診療方針

当院の診療コンセプト

「患者の皆様のお口のCure(治療)だけでなく、定期的なCare(予防管理)を通して健康の維持につなげていく。これが、当院のコンセプトです」

診療の流れについて

1.問診・診察

 現在の症状、治療に対してのご希望などをお伺いします。その後、お口の中の状況を把握するために診察(目視での確認、触って確認、たたいたりしたときの症状の確認など)をさせていただきます。状況に応じて必要と判断される場合は、この後レントゲン写真を撮影することがあります。

2.カウンセリング

 問診、診察、レントゲン写真等からお口の中の状況についてご説明いたします。

3.治療計画の立案

 必要な治療内容・治療の回数などについて説明いたします。

4.治療

 治療計画に同意が得られれば、治療を開始していきます。

5.メインテナンスへ

 治療が終了しましたら、治療が再び必要となることをなるべく予防するために、定期的に健診を兼ねたメインテナンスを受けることをお勧めしています。

<初診時の診療について>
 初診時に今後の診療方針を決定しますが、当日の治療は原則応急処置等にとどまりますのでご了承ください。
 応急処置に時間がかかった場合や、治療箇所が多数あるなどのために治療計画が複雑な場合は、治療方針の決定が後日となることもあります。

<治療の期間や回数について>
 一般的な歯科治療では、歯の根の治療が必要となると、治療回数が多くかかります。また、抜歯を行った後の入れ歯やブリッジ、インプラントの治療などでは治癒期間をとる必要がありますので、治療期間が長くなります。

<治療計画の変更について>
 最初の診察で把握しうる情報から診断を行い、治療計画を立てますが、治療を進めていくうえで、新しく判明すること(歯が割れていたなど)もあります。この場合は、当初の治療計画に変更が必要となることもあります。そのようなときはその都度方針を相談させていただきます。



治療方法について





診断された各歯科疾患に対して、治療の選択肢は複数ある場合があります。
保険治療の範囲内のものもあれば、保険外の治療方法で付加価値を高めたもの(主として「快適性」「治療精度」「審美性」などに関連してきます)があります。
保険診療の場合には、選択肢は基本的に限られていますが、保険外の治療方法では治療の幅が様々に広がります。
ここでは、代表される治療方法について紹介させていただきます。