嚥下(飲み込み)について

嚥下(えんげ:飲み込みのこと)は飲食の際に必ず行う動作です。

正しく嚥下が出来ていない場合、むせたり、

気づかないうちに気道の方へ飲食物が流れてしまったりします。

これを誤嚥(ごえん)といいます。

ここでは正しい嚥下を確認してみたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

正しい嚥下は、

・両奥歯を噛みこんで安定したあごの位置で、

・舌先は上あごの前の方につけ、

・舌は上あごに沿わせ、

・姿勢を正して

飲み込むことで、「ゴクッ!」と力強い音を立てて

誤嚥せずに飲み込むことが出来ます。

誤嚥を起こし、むせて異物を外に出すうちは良いのですが、

排出する力が弱まると、誤嚥性肺炎の原因となり、

重篤な肺炎の恐れにつながります。

・・・・・・・・・・・・・・・・

時々、正しい嚥下が出来ているかを確認してみてください。

ただし、奥歯を噛みこみすぎて「長時間の噛みしめ」

とならないように注意してくださいね。

コメントを残す